子どもに「なんで勉強しなきゃいけないの?」と聞かれたら

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもにとって勉強とは何なのでしょうか? 自分が子どものときにも「なぜ勉強をしなければいけないのか」ということを疑問に感じながらも勉強をしてきたという人も多いと思います。

実際自分が親の立場になり、我が子から「なんで勉強しなきゃいけないの?何の役に立つの?」なんて聞かれたらどう答えますか?

どう答えていいのかわからない、そう思っている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、勉強の必要性について子どもに聞かれたときの答え方をご紹介します。

「なんでだと思う?」と逆に質問してみる

しっかりと答えてあげることは親の使命ではありますが、ここはまず子ども自身にその意味を考えてもらうことも必要です。
なぜ勉強しなければいけないのか、子どもがどう感じているのかをあらためて認識できるいい機会です。

逆に質問をしたときにすぐに答えが返ってくる子もいるでしょうが、「わからない」と答える子もたくさんいるでしょう。

答えが返ってきた子にはその答えを肯定し、わからないと答えた子にもわからないという気持ちを酌んであげることが大切です。

学ぶことの楽しさを知ってもらう

単に将来に役立つから、という理由で済ませがちなこの質問ですが、それだけではわかりにくいという子が多いようです。

「なりたい職業になるために勉強する」という理由もよく聞かれますが、勉強するのが嫌だからと諦めてしまうケースもあります。

そんな時は“知らないことや不思議だと感じることがわかるようになるのはすごいことだ”というような説明の仕方がおすすめです。
そして夢をかなえるためには勉強することが何よりも重要で、わからないことがわかるようになるということはとてもワクワクすることなのだ、と教えてあげましょう。
勉強に対するポジティブな印象をつけるような声掛けが大切です。

選択できるということを教えてあげる

「今勉強していることが将来役に立つか」と聞かれたら実際はほとんど役に立っていないと感じている人も多いでしょう。

しかし子どもには将来について選択することができます。
もし将来なりたい職業や夢ができたとしても、今勉強をせずにいて必要な知識が身についていなかったらなれない職業もたくさんあります。

今いろいろな分野の勉強をしておけば、「将来やりたいことが見つかった時に困らないのだ」ということも一緒に教えてあげるといいでしょう。 自分で生き抜く力や選択する力を身につけることが勉強する意味なのかもしれません。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends