おうちの中でも出来る!子ども心をくすぐる遊び6つ

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

雨の日、寒い日、病気の治りかけなど小さな子どもとおうちに長くいる時、ついテレビなどにおもりをお願いすることが多くなってしまいがちではないでしょうか?

子供は何よりもスキンシップが大好きです。
少しの時間でも遊んであげる時間を作ってあげてください。
肌触りや声の近さを感じられる遊びは、子どもに良い影響を与えてくれます。

とはいえ、ママにもどうしても時間や体力気力には限りがありますよね。 今回は忙しい家事の合間でも短時間で子どもの集中を引き寄せ、ちょっとだけでも満足・時間が許せば大満足!といった遊びをご紹介します。

すぐ出来る!子ども心をくすぐる遊び

じゃんけんグリコ

皆さんも子どもの頃やったことがありませんか?
じゃんけんでグーならゼロ、チョキなら2歩、パーなら5歩進めるという遊びがありますね。
狭い家の中でもそれをやってみましょう。
「グリコ」「チョコレート」「パイナツプル」という、グリコバージョンに馴染みがある方も多いかもしれませんね。

紙の上で「じゃんけん塗り絵すごろく」

紙に太い線で大きく「ペロペロキャンディー」や「かたつむり」に見立てた渦巻きを描き、2㎝四方くらいのマスに見えるように線でちょんちょんと区切ります。
ジャンケンでも、サイコロでもいいので、子どもと交互に、マスを塗り絵しながら競争です。
外巻きも内巻きも楽しいですし、終わったら壮大な塗り絵作品も残ります。

ハードじゃなくてもスリル満点「馬はドシドシ」

とても小さい子供や、病気の治りかけなどであまり動きがとれないような場合でも出来る遊びです。
パパやママが足を伸ばして壁などに寄りかかって床に座り、子どもを向い合せに腿に乗せてあげましょう。
自分が乗り物になってあげるようなイメージです。

「お馬だよ」「車・バスだよ」など子どもの好きな乗り物に早変わり!
ゆっくり脚を上下させたりガタガタ道にしたり、急に動かなくなったり、逆に急に膝を開いて 「落とし穴にどっしん!」などと変化をつけてびっくりさせたりしてみましょう。

新聞びりびり

体を動かしたい歳頃の元気な子向けです。
短めの音楽を1曲流す間、古新聞紙を開いて持って立ってあげて、自由にパンチさせてあげます。
簡単に裂けて達成感があり、音も豪快です。
後片付けは別の曲にさっと切り替えて、競争でビニール袋詰めにするとノリノリでやってくれますよ。

膝立ちバレーボール

「新聞びりびり」で片づけたビニール入りの新聞紙をボールにして、膝立ちルールの簡易バレーボールができます。
膝立ちなら遠くまで飛んで被害が大きくなったりしないので安心です。
「新聞びりびり」と「膝立ちバレーボール」セットで行えば、体を動かしたい子でも十分満足してくれるはずです。

鏡まねっこダンス

向かい合って相手と同じジェスチャーをします。
右手を上げたら同じように上げ、鏡に映るようについていく遊びです。
大人同士でも互いの集中やアイコンタクトが必要な動作なので、子どもと見つめ合うとてもいい機会になりますよ。

家でできる遊びは他にも色々あります。
また、家によってルールを変えるなどの工夫をしてみるのも楽しいかもしれませんね。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends