要注意!子どもの歯並びを悪くしてしまう4つの生活習慣

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもの歯並びは、親なら気になるものです。
歯並びが悪いと人に与える印象が悪くなるだけではなく、かみ合わせの問題や虫歯・歯周病にもなりやすくなるというリスクがあります。

歯並びは遺伝や体質と関係しているのではないか?
と思われるかもしれませんが、実は肉体的な要因よりも生活習慣の方が歯並びに大きく影響しています。

今回はそんな子どもの歯並びを悪くしてしまう生活習慣についてご紹介します。

1.指しゃぶり

赤ちゃんは空腹でなくても、おっぱいを吸うと落ち着きます。
その名残でおっぱいを卒業しても「口に何かをくわえてしゃぶっていると落ち着く」という子どもはいます。

しかし、口に何かをくわえ続けていると、前歯が出っ歯になってしまうことが指摘されています。

指しゃぶりは3歳くらいまでなら大丈夫ですが、5歳以降になると歯並びへの影響が心配になります。
少し気にかけて、咥えるクセがある場合はやめさせるようにしましょう。

2.口呼吸

口呼吸をすると、口を閉じる筋肉が発達しないため歯が前に出てきます。

歯は口元の筋肉が内側へ押す力と、舌が外側へ押す力とのバランスで綺麗に並んでいます。

そのため、口の筋肉が緩んでしまうと歯は綺麗に並ばないのです。
また、口元の筋肉が緩んでいると、いつも薄く開いた「しまりのない口」になってしまので注意したいところです。

3.片方ばかりを使う

「頬杖をつく」
「いつも同じ向きでばかり寝る」
「片方ばかりで噛む」


このような行為は、片方のあごに力をかけていることになります。
片方にばかり負担がかかっていると、あごや歯の成長が左右均等でなくなるため歯並びも崩れてきます。

歯並びだけでなく骨格全体が歪んできてしまうため、左右で口元のバランスがかなり違ってしまう場合もあります。 見栄えも悪くなってしまうので、両方の顎を使って食事するよう気にかけてあげましょう。

4.舌のクセ

「口の中で舌が同じところを触ってしまう」というクセも、歯並びに影響します。
前歯の境目を舌で押すクセがあれば、前歯がきちんと閉じない「開口」という噛みあわせになってしまいますし、同じ前歯でも上の歯を押すクセがあれば出っ歯に、下の歯を押すクセがあれば受け口になります。

また、舌だけでなく普段のクセも気にかけたいところ。
爪を噛んだり唇を噛んだりするクセは口にとっては不自然な動きなので、習慣になると歯並びに影響が出てきます。

このように、毎日のちょっとしたクセや習慣が成長期の子どもには大きな影響を与えてしまうのです。
綺麗な歯並びを作るためには、口を閉じてしっかりと噛む習慣をつけることがポイントです。

噛む力が弱い子どもは柔らかいものを好みますが、口の周囲の筋肉やあごをしっかり動かさなければ、小さなあごになってしまい、歯並びも悪くなります。
歯並びは治すのに時間もコストもかかりますので、小さいうちから歯並びを悪くするクセや生活習慣を改めておくことが大切なのです。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends