ダンスが必修科目に取り入れられている理由とは

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

昔は武道が必修科目でありましたが、平成24年度より武道とダンスを必修科目に取り入れる動きが始まりました。

しかし、多くの保護者は「武道はともかく、ダンスの必修化って何の意味があるの?」 と感じたのではないでしょうか。
今回はダンスが必修化された理由をご説明します。

「ダンス」の授業とは

まずは必修化された授業「ダンス」の説明をしていきましょう。

学校で習うダンスは数種類から選べるのですが、その種類は昔からなじみ深い創作ダンスフォークダンス、現代的なダンスの中から学びます。

そのなかでも、現代的なダンスは新しい試みでしょう。
現代的なダンスの内容としてはヒップホップやジャズダンスなどでしょうか。

特にヒップホップダンスは親の世代としては驚きの選択にも感じてしまいますが、今ではNHKの教育テレビでも子ども向けのダンス番組が放送されているくらい一般的になりつつあります。

芸能人のなかでも子どもが憧れるのは、エグザイルやAKB48などダンスを踊れるグループが人気になっているくらいなので、現在の子ども達にとってはさほど違和感のある事ではないのかもしれません。

最近の量販店ではキッズダンス用の衣装もコーナーを設けて販売している店も多くなっています。

ダンスで子どもの成長を促進

ダンスと聞くとチャラチャラした印象を受ける方がいらっしゃるかもしれませんが、実はリズムを刻むセンスや敏捷性を鍛えることが出来るスポーツです。

他のスポーツに通じる機敏さを手に入れる事が出来ますし、そもそも必修化される前から習い事として取り入れている方も多かったので、決して珍しいことではありません。

また現代はコミュニケーション能力を重視する社会の風潮があります。
そこで、ダンスを通した豊かな自己表現や仲間との共同で作り上げるダンスは、コミュニケーションの発達に大いに役に立つことでしょう。

しかもそれが小学生時代や中学生時代に当たり前に科目として実施されれば恥じらうことなく取り組む事が出来るはず。こういった理由からダンスの必修化が進みました。

さらに、幼少期からダンスまでといかなくとも音楽合わせて体を動かすことで、リズム感覚を身につけることに繋がります。
幼少期からこのようなアクティビティに積極的に参加することはとても大切と考えられます。

負担は先生へ

今は小学校や中学生が必修科目として実施されています。
しかし、新しいことを始めるとなると弊害が生まれるのはつきものです。
ダンス必修化の大きな問題点として「指導する教員がいない」ということが挙げられます。

プロダンサーを外部講師として招待する学校もあるようですが、ほとんどは先生が教えてあげなければなりません。
たとえダンス経験がなくても教えなければいけないので、町のダンス教室に通う先生も多いようです。

忙しい授業や書類の整理を行って、なおかつダンスまで習いに行かなければならないというのは大変な労力でしょう。

また、ダンスの上達スピードは個人差があり、「ダンスの指導レベルが低い先生」から指導を受けなければならない児童・生徒たちが出てくることも問題です。

ダンスの必修化がメリットばかりとは言えませんが、決してこの試みが失敗だというわけではありません。
親の世代としては違和感のあるような試みに思われますが、実際に子ども達と現代ダンスとの距離はもっと近いように感じています。

これからも発展途上の問題だと思いますが、ダンスを通じて豊かな表現力を得られるのであれば、非常に素晴らしいことなのではないでしょうか。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • GYMBO friends