子どもの才能を「伸ばしてあげる」教育法とは?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもはあっという間に大きくなっていきます。
大人が驚くくらい色々なことを吸収して、どんどん身に着けていくのです。

ですから、子どもの頃にどんな教育をするかはとても大事。
どんな子どもでも何かしらの才能は必ず持っていますので、その才能を引き出して伸ばしてあげられる教育環境を作ってあげられるといいですよね。

思いっきり愛情を注ぐことが子どもの才能を伸ばす

子どもは大人よりも言葉はつたないですが、感受性は大人よりも豊かです。
ですから、親が自分のことを愛してくれているかどうか、本能的にわかってしまうのです。

親がしっかり愛情を注いであげていれば、子どもは自分に自信がつき、新しいことにチャレンジしようという勇気とパワーがわいてきます。
毎日忙しかったとしても、子どもと目を合わせてしっかり会話をし、時には抱きしめてあげたりするなどの愛情表現をすることはとても重要です。

子どもに「完璧」を求めない

子どもの成長は人それぞれです。
小さいころから成長が早くなんでもできてしまう子もいますし、のんびりしていてなかなか新しいことを覚えられない子もいます。
もし自分の子どもがのんびりタイプだったとしても、「他の子より成長が遅い!」と焦ったりしてはいけません。

子どもがなんでもできる完璧な人間である必要はないのです。
子どもの頃は好きなように、たくさん遊ばせることが大事なのです。
もし新しいことができるようになったら、めいっぱい褒めてあげてくださいね。

何かに夢中になっているときに邪魔をしない

たとえば子どもが本を読んでいたり、絵を描くことに夢中になっているときに話しかけたり無理矢理中断させるようなことはしないようにしたほうがいいでしょう。

集中している時は子どもの頭の中で想像力や集中力が働いている時です。

想像力や集中力は大人になってから身に着けようと思ってもなかなか難しいものがあります。
子どもの時に養っておくことで、のちのち才能を開花させるかもしれないのです。

技術アップより心で感じることを大切に

ピアノを習っている子どものなかでも、難しい曲を弾ける子どもの方が優秀で、サッカーを習っている子どもの中で特にドリブルがうまいと「才能がある」などと言われるかもしれません。

もちろん技術も大事なのですが、決して「技術を身につけなければ」という気持ちが、「ピアノが好き!」「サッカーが好き!」という気持ちより上回ってはいけません。

好きという気持ちがあれば自然と技術は身につきます。
いやいややっていることはある程度まできたら上達しなくなってしまうでしょう。

子どもの頃は技術アップより心で感じることを大事にしてあげるべきなのです。
そのためお子さんが小さいうちから、好きなものに触れさせてあげる機会を多く作ってあげることが大切です。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • GYMBO friends