子どもの質問に親はどう答えるのがいい?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

2~6歳ぐらいの子どもは、親や周囲の人に、頻繁に質問を投げかけるもの。
知的好奇心が芽生えるこの時期の子どもを心理学では「質問期」と呼びます。
そんな質問期の子どもには上手に接することで、子ども自身の考える力や想像力を伸ばしてあげたいですね。

子どもの質問に親はどう答えるのが良いかについて考えていきましょう。

「これはなに?」

子どもにとって、世界はまだまだ見たことのないもの、知らないものがいっぱいです。
さまざまなものに興味を持って、「これなに?」という質問を1日に何回も投げかける子も少なくありません。

しかし、必ずしも大人に対して説明を求めているわけではなく、目についたものへの疑問をそのまま口に出している場合も多いもの。
すぐに正解を言うのではなく、まずは子どもの考える力を引き出してあげたいですね。

「これなに?」と聞かれたら、まずは「なんだろうね?」と声かけしてあげましょう。
そうすると、子どもは自分なりに考えようとします。
子どもと一緒の目線に立ち、ヒントを与えたり、時には一緒に考えたりすると良いですね。

「どうして?」

同じように「なぜ?」「どうして?」と聞かれた場合も「どうしてだろうね?」とワンテンポ置くと良いでしょう。

大切なのは、即答せず「一緒に考えてみよう」という姿勢を見せること。
子どもの疑問に即答したり、先回りして説明したりしていると、次第に子どもは自分で考える前に質問するようになってしまいます。

今後成長していく中で「好奇心」や「考える力」はとても重要になってきます。
子どもの好奇心と考える力をうまく引き出してあげたいものです。

子どもの疑問には、子ども目線で向き合う

子どもが発する質問は、大人から見ればごくごく当たり前のことだったり、とるに足らないことだったりするかもしれません。

でも、「そんなの決まってるでしょ」などと大人目線で答えてしまうのはNG!
「忙しいからあとでね」などと突き放してそのままにしまうのも良くないですね。

このような受け答えは子どもに「悩みや疑問に対して真剣に向き合ってもらえない」という不信感を与えてしまいます。
子どもの目線に立って、誠意を持って答えてあげることが大切です。

いろいろな体験をさせてあげよう

いろいろなものに興味を持つ年頃の子どもには、いろいろな体験をさせてあげるのがオススメ。
たくさんの遊びや、いろいろな場所へのおでかけは、子どもの好奇心を引き出してくれます。

また、英語や音楽の幼児教室に通うのも、子どもにとって良い刺激になるでしょう。
毎日さまざまな体験をさせて、上手に子どもの興味を引き出し、たくさん疑問を持つ機会を与えてあげたいものです。

そして、子どもから発せられた疑問には、できるだけシンプルに、優しく答えてあげることがポイント。
子どもが好奇心を持ち、自分で考え、自分で答えを出そうとする場をたくさん作ってあげたいですね。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends