知っておきたい「過保護」と「過干渉」の違い

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

「過保護」と「過干渉」の違いをはっきりといえるでしょうか。
過保護は良く耳にすることがあるけれど、過干渉は耳に馴染んでいない方もいらっしゃるかと思います。
過保護と過干渉の違いを知ることは子どもとの接し方を考える上でも大きな参考になります。二つの言葉が持つ意味の違いをご説明いたします。

過保護とは

子どもを必要以上に甘やかしたり、子どもの要望を何でもかんでも叶えたりしてあげると過保護となります。
「子どものやりたいことをやらせてあげる」というレベルであれば問題ではありません。幼い子どもはいつまでもおっぱいを欲しがったり、お母さんから離れたくないとずっとくっついたりします。このような幼い子どもの欲求にこたえることは悪いことではないでしょう。
「このまま甘やかしていたら、子どもの自立が遅れるのではないか」と不安に思うこともあるかと思いますが、欲求を満たしてあげると子どもは次第に甘えなくなり多くを望まなくなっていきます。
しかし、子どもが大きくなってもなお、何でもかんでも欲求にこたえてしまうと子どもの自立を妨げてしまう可能性があります。
子どもの成長に合わせて過度にならないよう注意しながら欲求にこたえてあげることが重要です。

過干渉とは

過干渉は過保護とは異なり、「子どもの嫌がってやりたくないことを強制的にやらせる」「子どもがやりたいことをやらせない」など子どもの欲求や行動を束縛する意味合いを持ちます。
子どもが間違ったことをした場合、問題のある行動を止めさせることはしつけの上で必要です。しかし、親が子どもの行動すべてを管理しようとすると過干渉に陥ってしまいます。
子どもはやりたいことを行うときに自主性や自立心が芽生えるものです。やりたくないことを強引にやらせて上手くいったときにだけ褒めたり、ご褒美をあげたりしていると子どもは、「自分のやりたいことよりも言われたことをやったほうが良いんだ」と思いこんでしまいます。
このような経験を持った子どもは成長しても自立心が育たずに本来自分がやりたかったことを抑制して、親や周りの大人の評価を気にするようになってしまうのです。

子どもの自立のために

過保護も過干渉もやり「過」ぎるという意味があるところが共通しています。
保護も干渉も子育てする上でとても大切なものです。
しかし程度を越えた保護や干渉は過保護、過干渉となり子どもの自立に悪影響を与えてしまいます。
やり過ぎを防ぐには、「子どもの話をちゃんと聞いてあげること」が大切です。そして頭ごなしに批判せず子どものやりたいことを理解してあげた上で判断するようにしましょう。
子どもの自立心を育てるには、深い愛情と適度な距離感を持つことが大事です。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • GYMBO friends