親のふり見てわがふりなおせ? 親のNG行動5つ

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもは親の背中を見て育つといわれ、親の行動によって子どもの性格が変わってしまうケースもあります。
親のどのような行動が子どもに悪影響を与えてしまうのでしょうか。
子どもにしてはいけない親の行動を5つご紹介します。

1. 態度をコロコロと変える

親がそのときそのときで態度を変えていたら、子どもは戸惑います。
穏やかだったのに急に激しく怒ったりすると、子どもはいつ親に話しかけていいか分からなくなります。すると子どもは親の機嫌をうかがうようになり、自発性が薄れて消極的な性格になりやすいです。
イライラすることがあっても感情的になり過ぎず、落ち着いて子どもと接することが大切です。

2. 他人を罵る

子どもの前で愚痴や誰かに対する罵りの言葉を口にすると、そこにある憎しみの感情を子どもは感じ取ります。憎しみなどの負の感情は精神を不安定にさせ、乱暴な言動をとるようになったり、逆に内向的な性格になったりする可能性も否定できません。
夫婦間の言い争いなども過激な言葉を使わないようにし、子どものことを考えて冷静に話し合うようにしましょう。

3. 他の子と比較する

子どもは他の誰かと比較されて非難されると「自分は他の子よりダメなんだ……」と劣等感を持ちます。すると自分に自信が持てなくなり、他人を妬んだり羨んだりするようになりがちです。
他の子と比較しても子どもには直接言わないようにしましょう。
また、むやみに誰かと比べるのではなくその子の持つ良い点を見つけてあげることも大事です。

4. 子どもを厳しく叱りつける

子どもを頭ごなしに厳しく叱りつけると子どもは萎縮してコンプレックスを抱いてしまうかもしれません。厳しく叱られた子どもは怒られることが怖いので、何も考えないまま謝る可能性があります。
何が悪かったのか子どもが気付けないまま謝ることで、自信を失ってしまいます。
また「何が悪かったのだろう」と何度も考え直すことから、神経質な性格になりがちです。
しつけるときは一方的に叱りつけるのではなく、子どもを支えながら一緒に何が悪かったのか考えてあげることが重要です。

5. 子どもにかまいすぎる

子どものことが心配で不安になる気持ちは分かりますが、必要以上にかまいすぎると子どもは自分のことができなくなり、誰かに頼りがちになります。
ときに心を鬼にして成長を見守ることは自主性を育むことになり、子どもが臆病な性格になりにくくなります。
子どものやりたいことをさせてあげることも大切ですが、度を超えてしまうと悪影響になります。一歩引く姿勢も心がけるようにしましょう。

子どもの良い模範となる行動をとろう!

子どもは親の行動を敏感に感じ取ります。
日頃の生活態度、生活習慣を見直して正していくことは子どもの成長に好影響を与えます。
子どもと接するときはもちろん、日々の生活のなかで親自身も成長していくことが子どもの人格形成においても良い効果を生んでくれるのです。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends