2020年センター試験が変わる! 英語が重視される「評価テスト」

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

東京オリンピックが開催される2020年から、大学受験が大きく変化します。文部科学省は、センター試験の廃止を検討しており、新しい試験内容を取り入れる方向で進められています。センター試験がなくなることで、大学入試はどのように変わるのでしょうか。今回は2020年センター試験に変わって始まる「評価テスト」について、試験内容のポイントやそのために必要な幼児期の教育についてご紹介します。

2020年センター試験が変わる! 英語が重視される「評価テスト」

センター試験に代わる「大学入学希望者学力評価テスト」

2019年度でセンター試験が廃止となり、翌年2020年度からは「大学入学希望者学力評価テスト」の導入が予定されています。
この「評価テスト」は、思考力や判断力、表現力などを問う試験になると言われています。そのため出題形式は選択式の回答だけでなく、記述式の回答も導入されるようです。
思考力や判断力、表現力を評価する問題が増えることで、今までのセンター試験よりも難易度が向上するでしょう。
また、それに伴い高校では基礎学力の定着を把握するために、「高等学校基礎学力テスト」の実施も始まります。「基礎学力テスト』」では、基本的知識や技能を問う問題が中心となり、「評価テスト」の基礎教育としての位置づけになるようです。

センター試験では「英語」が重視される

センター試験の具体的な変更点については、まだ決定しているわけではありません。しかし現時点では「英語」が重視された内容になると見られています。
英語はreading(読む)・writing(書く)・speaking(話す)・listening(聞く)の4技能が大切になります。これらの技能ををバランスよく身につけることが、今後の英語教育における大切なポイントです。
すでに多くの大学が「TOEIC」や「英検」など英語の外部試験を利用していますが、これからはますます英語が大学入試のアピールポイントとなっていくでしょう。

幼児期からセンター試験を見据えた教育を

センター試験の変化を受けて、幼児教育でも新しい試験のポイントをおさえた教育が必須になるでしょう。 特に、重要とされる英語を伸ばすには、幼児教育が効果的です。小さいうちから英語に触れることで、耳が英語に慣れ、聞き取る力を養うことができます。英語に対する抵抗がなければ、小学校などでも英語の習得がスムーズになります。まずは子供向けの英語の歌などから始めてみましょう。
また、思考力や判断力、表現力に関しては、読書がおすすめです。
幼児期の内は絵本の読み聞かせを積極的に行い、少しずつ一人で読めるようにしていきましょう。児童期には一緒に読書をする機会を設け、本の内容を伝えあったり感想を聞かせ合ったりすることで、判断力や表現力を高めることができます。根気よく続けていけば、将来的には英語の本を読めるようになるかもしれません。

今までの受験の常識が通用しないほど大きな変化を前に、受験を控えている学生さんは大きな不安を抱えているかもしれません。今回紹介したように、英語はほぼ確実に重要視されるポイントとなりますし、基本的な学力のほかに思考力や判断力、表現力の評価も入試に大きく関わります。新しい試験に向けて、できることを早めに取り組んでおきましょう。

2020年センター試験が変わる! 英語が重視される「評価テスト」
FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends