幼児期から始めたい「情操教育」のポイントとメリット

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

情操教育は情緒や個性、道義的な心を養う教育のこと。この情操教育は幼児期など低年齢から始めることをオススメします。人格は長い時間をかけて形成されるものですが、幼児期に獲得した考え方や感じ方はその人の心の基盤となる大切なものであるからです。
今回は幼児期における「情操教育」をテーマに、実際に行う際のポイントをご紹介します。

幼児期から始めたい「情操教育」のポイントとメリット

「情操教育」とは?

情操教育とは、自分で考える力や感じ方などを形成するための「心」を育てる教育のこと。
情操教育には種類がありますが、以下のように4つに分類することができます。

情操教育における4つの分類
・科学的情緒……状況や事象を観察し知的に判断する
・道徳的情緒……道徳的な視点から善を行う
・宗教的情緒……神仏の教えを知り、命を大切にする「宗教的情操」
・美的情緒……美しいものを見てキレイだと思える

幼児期の情操教育の取り入れ方

・子どもを肯定する(褒める・認める)
人は肯定されることで自信がつき、より伸びやかに成長することができます。
子どもも例外ではなく、褒められたり認められたりといったことで前向きな心が育っていきます。親などの心を許す存在からの賞賛であれば特に子どものやる気が引き出されるはずです。可能な限り子どもの良いところに目を向けてあげてください。

・自然や生き物と触れ合う
自然の中で遊んだり植物や生き物と触れ合う機会を持つことも、子どもの心を育む大切な要素のひとつ。
大きな自然を感じることで、広くしなやかな心を養うことができます。

・絵本を読んであげる
絵本の読み聞かせは、子どもの想像力や感受性を高めてくれるもの。
登場人物に感情移入して喜んだり悲しむことは、相手の気持ちを考える優しい心を育てます。

・習い事や幼児教室に行く
習い事や幼児教室などで他の子どもと遊んだり体を動かすことは、健康な体と安定した心を養います。他者と関わることで、相手の気持ちを想像したり思いやったりといった気持ちが育まれるのも魅力です。

・芸術や音楽に触れる
美しい絵画や音楽は、美的情操を養う大きな要素になります。美術館や展覧会・コンサートなどに足を運ぶ機会を持つと良いですね。
また子どもが自分で絵を描いたり、楽器を演奏することも非常に素晴らしい情操教育です。
子どもの絵や音楽を認め、やる気を高めてあげましょう。

・法事やお墓参りなどの行事に参加させる
法事やお墓参りは、神や仏を感じる大切な行事のひとつ。
子どもを一緒に参加させ宗教的な考えを知ることで、命の大切さや、人をいたわる心が育ちます。

子どものために早くから取り入れていきたい情操教育ですが、親の気持ちばかりが先行し子どもの心が取り残されてしまうと決して良い結果を生みません。
あくまで子どもの意思を尊重し楽しみながら、情操教育を意識して生活していくよう心がけると良いですね。

幼児期から始めたい「情操教育」のポイントとメリット
FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • お友達ご紹介キャンペーン
  • プリスクール ウインタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube