「片づけ」のできる子どもに育てるには?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

お子様に片づけなさい! と叱っても、なかなか片づけてくれない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 片づけのできるお子様に育てるためには、親が声のかけ方を考えていく必要があります。今回は片づけ上手なお子様に成長してもらうために心がけるべきことを紹介します。

片づけやすい環境を作る

お子様の遊んでいる場所とおもちゃをしまっている場所を改めて確認してみましょう。遊んでいる場所と片づける場所は近い距離にありますでしょうか? 片づけ上手なお子様に成長してもらうためには、お子様が1人でも片づけられるような環境を親が作っていく必要があります。
お子様がリビングで遊ぶことが多いのなら、リビングの近くにおもちゃをしまう場所を用意してみるのも良いかもしれません。お部屋の構造上難しそうなら、まずは大きなカゴを用意し、その中におもちゃを入れてもらうような習慣を付けるところから始めてみることも効果的です。

片づける時間帯を作る

ごはんの前、寝る前など、決められた時間に「片づけタイム」を用意するのも効果的です。「ごはんはお部屋をきれいにしてからね」と声をかけやすくなるため、片づけの習慣を養うことができます。「あとでおもちゃを出すから……」といっておもちゃを出しっぱなしにさせず、メリハリを持たせることが重要です。

片づけることのメリットを伝える

冒頭で挙げたように「お片づけしなさい!」と叱るのではなく、お子様に「何故片づけをしなければならないのか」を伝えることも大切です。「片づけるとおもちゃが無くならずにすぐに見つかる」「片づけるとお部屋がきれいになって気持ちがいい」など、片づけをすることでどんな良いことがあるのかを教えることも良い方法ですね。
小さい子どもなので一度伝えただけでは伝わらないかもしれませんが、繰り返し伝えていくことで少しずつ理解してもらえるようになりますよ。

片づけを楽しませることができるかが重要

片づけができるお子様に成長してもらうためには、片づけを「嫌なこと」と捉えさせないことが重要です。「早く片づけなさい!」と一方的な伝え方をしてしまうことで、お子様にとって片付けそのものが嫌なことと思われてしまう可能性もあります。こうならないように、片づけを楽しんでもらえるような対策をしていきたいものです。
例えばおもちゃを「片づける」ではなく、おもちゃを「飾る」という考え方を持ってもらい、そのための棚を購入してみるのも良いかもしれません。

以上のように、お子様に片づけを楽しんでもらえたり、身近なものと感じてもらえるような仕組みを積極的に取り入れるようにしていきたいものです。また、家庭内だけではなく家庭外のお子様の環境作りも心がけていきたいですよね。例えば幼児教室のような環境に触れてもらうことで、片づけの練習を繰り返し行うので、自然とお子様に片付けの習慣が身につけてもらうことができるようです。「片づけ」を身近に感じてもらえるような環境づくりを意識していきたいですね。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends