クリスマスとサンタクロース、子どもの夢を壊さず説明するには?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

クリスマスが近づいてきていて、子どもたちもサンタクロースを心待ちにしていることでしょう。子どもからクリスマスやサンタクロースのことを質問されたとき、適切に答えることはできていますか? 子どもから質問された時に返答を間違えてしまうと、子どもの夢を壊してしまうかもしれません。今回は夢を壊さずにクリスマスとサンタクロースの内容を説明する方法をご紹介します。

クリスマスってそもそも何の日?

「12月25日のクリスマスがイエス・キリストの誕生日」と思っている方も多いのではないでしょうか。実は12月25日は正式にはキリストの誕生日ではなく、キリストの降誕を祝う日なのです。キリストの誕生日は明確な日にちは分かっておらず、さまざまな説があるため複数個の誕生日が存在していることになっています。

「クリスマスは何の日?」とお子様に質問されたときは、キリストという神様が人間界にやって来てくれたことを世界中の人がお祝いしている日と説明すると良いでしょう。

「クリスマス」と「サンタクロース」の起源とは?

・クリスマスの発祥の地はどこ?
クリスマスといえば、サンタクロースの住んでいるフィンランドやグリーンランド、ノルウェーを思い浮かべますが、実はクリスマス発祥の地はこれらの国ではありません。
クリスマスが最初に始まった地域は「聖ニコラウス・ローマ帝国キリキア属州パタラ」といわれており、現在のトルコ共和国南部の地域にあたる街からクリスマスは始まったと考えられています。

・サンタクロースの起源は?
サンタクロースの起源は諸説ありますが「セント・ニコラス」という聖人がサンタクロースだったのではないかという説が最も有力です。

4世紀の頃、貧困のために身売りを考えていた娘の家に金貨やプレゼントを届けていたという説がサンタクロースの始まりです。この伝説が広がり聖ニコラスをオランダ語で「ジンタクロース」それがアメリカにわたり「サンタ・クロース」と呼ばれるようになったと考えられています。

クリスマスとサンタクロースを子供に分かりやすく伝えるためには?

幼児教室などの施設では、クリスマスやサンタクロースに関わる内容もお子様に適切に説明してくれますが、ご家庭でお子様に質問されることもあるでしょう。このような内容は、伝え方を誤ってしまうと子どもの夢を壊してしまう可能性もあるため注意が必要です。
お子様の中には「サンタクロースってどんな人?」と聞かれることもあるでしょう。そういった時はクリスマスやサンタクロースの起源を踏まえて、このように話してみるのはいかがでしょうか。

「もともとサンタさんは教会の人で、昔は貧しい人に食べ物やプレゼントをあげていたの。
でも今では良い子にしてたらクリスマスになったらプレゼントをくれるんだよ」

このような説明を付け加えれば、お子様にも分かりやすく伝えられますね。

クリスマスとサンタクロースの情報を知ることが大切

クリスマスとサンタクロースに関する情報を理解することで、お子様にも適切に説明をすることができます。お子様にクリスマスやサンタクロースの説明をして夢を膨らませてあげましょう。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • GYMBO friends