親はどうする? 子どもの人見知りの原因と対処法

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

赤ちゃんから成長するにつれて、「人見知り」をするようになる子がいます。
祖父母や何度か会ったことがある親の友人のような初対面ではない人が相手でも、話しかけられたり頭を撫でられたりすると、泣き出したり暴れたりすることがありますよね。
あまりに人見知りがひどいと、「うちの子は成長が遅れているの?」と心配になってしまう親御さんもいると思います。しかし、子どもの人見知りはしっかりと成長している証なんです。

子どもが人見知りする原因って?

一般的に、子どもの人見知りが始まるのは生後6か月~1歳くらいの間だと言われています。
人見知りの原因は、脳の発達です。脳が発達してきて、いつも一緒にいるお母さんやお父さんと、知らない人との区別ができるようになってくると、知らない人に対しては泣いたり暴れたりするようになります。同じくらい成長しているのに全く人見知りせずニコニコしている子どもを見ると不安になるかもしれませんが、人見知り=脳の発達の証拠ということが分かっているだけでも安心できるのではないでしょうか。

子どもが人見知りしたらどうする?

人見知りすること自体は成長の証ですので心配は不要ですが、やはり親としてはいつも色んな人に笑顔で接することができる子どもに育ってほしいものですよね。

子どもが人見知りするときは、「知らない人だから近づいていいのか不安」という気持ちがあります。子どもは、ママやパパには絶対的な信頼を置いていますから、ママやパパを通して「この人はママもパパも知っている人だから安心だよ」ということを教えてあげることが大切です。ママやパパが笑顔で話しているだけでも子どもは安心しますので、人見知りしている人に対して笑顔で接するだけでも子どもの緊張をほぐすことができますよ。

また、子どもは母親の様子からその場の雰囲気を敏感に察知します。もし子どもが人見知りをして泣いたとしても、慌てずにいつも通りの態度でいると子どもも安心です。
逆に、子どもが泣いているからといって「どうしたの?」と慌ててしまうと、子どもも一緒になってパニックになってしまいます。どんなときでも、母親は平然としているようにしましょう。

子どもの人見知りは「甘え」じゃない

子どもが人見知りすると、「甘やかしていては子どものためにならないのでは?」と思って無理に親から引き離そうとしてしまう人もいますが、2~3歳までは無理に子どもを自立させようとせずしっかりと愛情を与えてあげるべきです。逆に、2~3歳までにしっかりと愛情を与えてあげていれば、自然と自分で行動できるようになっていきますよ。
幼児教室などでは、いろいろなお子様や親御様と触れ合うことができるので、自然と人見知りはなくなっていくようです。どうしても気になるという方は利用を検討してみても良いかもしれません。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • GYMBO friends