子どもがいじめにあった時、親はどう対策すればいいの?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

「最近子どもが幼稚園や習い事のことを話さなくなった……」
「ボーッとしていることが多い」
「成績がガクンと下がった」
このようなことがあった場合、学校生活に何か変化が起きているのかもしれません。
上記の傾向が見られた場合は、「いじめ」の可能性も考えておいたほうがいいでしょう。今回は子どもがいじめにあっている場合どのような対策を講じれば良いのかをご紹介します。

子どもがいじめにあっているサインを知る

冒頭で紹介した例だけでなく、持ち物を頻繁に無くしていたり、服が汚れていたり、あるいは怪我をしていたりといった兆候はありませんか? こういったサインが見受けられる場合、いじめにあっている可能性が極めて高いです。
その他にも感情の起伏が激しくなったり、親へ攻撃的な姿勢を見せるようになることも、いじめ被害者の特徴としてよくあります。
まずは子どもの様子をしっかりと確認することが大切です。もしこれらの項目に心当たりがある場合はこれから紹介するいじめ対策を取り入れることを考えてみましょう。

我が子がいじめにあっている時、 親ができることとは?

子どもがいじめにあっていることに気づいたら、親ができることとしては以下の方法が考えられます。

・家庭を「避難場所」にしてあげる
いじめを受けた子どもはストレスを溜め込んだ状態で帰宅します。そこで効率よくガス抜きができる環境が望ましいです。学校であったことなどを相談しやすいように親から声をかけ、心が開きやすく気軽に相談ができる環境を目指していきましょう。
例えば「今日幼稚園でどんなことしたの?」「今日は友達とどんな話をしたの?」と具体的かつ答えやすいものを質問してみてはいかがでしょうか。リビングでおやつを食べながらリラックスしたムードの中であれば、子どももすんなりと悩みを打ち明けてくれるかもしれません。

・子どもに今後どうしたいのかを聞いてあげる
子どものいじめ問題に親が過剰に反応してしまうと、子どもの被害がさらに深刻になる可能性もあります。そのためいじめ問題の解決にはまず「当人はどうしたいのか」についてしっかりと話を聞いてあげることです。そしてどんなことがあっても子どもを肯定し、子どもの頑張りを応援することが大切ですね。
子どもの中に「仕返ししたい」といった返答に困ってしまう意志がある場合、画一的な返答があるわけではありません。倫理的に考えるのであれば「仕返しはダメだよ」と教えるのが良いのかもしれませんが、子どもながらに追い詰められたうえで相談しているので、ケースによっては信頼を失う恐れもあります。「あなたがしなくてもいいのよ」となだめた上で、「何があってもあなたを守る」という姿勢を子どもに見せてあげてください。まずは子どもからの信頼をキープして、親ができるいじめへの対抗策へとシフトしていきましょう。

・先生に相談する
親ができる対抗策の主な例として、先生への相談が挙げられます。先生に相談する際は、子どもから聞き取った内容をまとめて事実関係を冷静に伝えることから始めてみましょう。そして先生に要求したい内容をしっかりとまとめておき、解決策をお互いで見出していくことが大切です。幼児教室の先生へ相談すれば、親身になって解決に導いてくれることでしょう。

子どもがいじめの被害を受けていることを知った場合は、いくつかの対策を練る必要がありますが、大切なことは感情的にならないこと。先生側にも相談をして、一緒になって解決をしていくことが重要です。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends