2020年には必修化? プログラミング授業の対策法

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

WebエンジニアなどのITに関する人材が不足してしまっていることから、2016年4月19日に、文部科学省は2020年に小学校でのプログラミング教育を必修化させるという発表をしました。
これによりプログラミングに関する教育が今後ますます重要になってくることが考えられます。
もしこれから小学校に通う子どもがいらっしゃるのであれば、その子は今後プログラミングの授業を受けることになるでしょう。
プログラミングですと親の立場としても教えるのが難しいので授業についていけなくなっても助け舟を出すことが難しくなります。早めにスタートをさせて、プログラミングへの耐性を着けてあげることが大切です。
しかし、今からできる「プログラミング対策」としてどのような方法があるのでしょうか? 本日は2020年から必修化されるプログラミング授業の対策法についてご紹介していきます。

プログラミングを学ぶことで得られるメリット

プログラマーの人材は不足しているこということもあり、現在プログラマーとして働いている方は収入が高い方が多くいらっしゃいます。もちろん行なっている仕事にもよりますが、800万〜1500万円ほどの年収を稼ぐことも決して不可能ではありません。
もし子どもがプログラミングを理解し、それを仕事としてつなげていく場合、社会的意義のある仕事ができるだけでなく、安定して高額の収入を得ることができ経済的メリットが大きいです。
また、IT化が進む現代において、プログラマーは今後ますます需要が高まっていくでしょう。より便利な世界は多くの人々の生活を豊かにしてくれます。プログラマーはそれを支える大切な人材ですので、社会貢献という観点からみても魅力的です。プログラミングを学ぶことで、子どもに「人の役に立つ仕事をしていきたい」といった正の感情を抱かせる一助にもなりうるでしょう。

子どもが「プログラミング好き」になるために親がすべきこと

プログラミングの重要性はここ最近になって急激に高まってきたものですが、家庭内でプログラミングの知識をお持ちの方がいらっしゃらないというケースももちろんあることでしょう。
子どもが英語学習に抵抗を感じなくするためには、英語に触れやすい環境を作ることが効果的だと言われることはよくありますが、こう行った環境づくりはプログラミング学習も例外ではありません。
子どもが今後のプログラミング教育に抵抗を感じず、プログラミング学習を好きになってもらうためには、プログラミングの学習に適した環境作りが大切です。

例えば文部科学省が解説している「プログラミン」というサービスでは、自分で描いた絵を、プログラミングを生かして操作することができます。幼稚園児でも楽しみながら勉強できる点が特徴です。
こういったサービスを利用することで、家庭内でも気軽にプログラミングを学ぶことができますね。

小学生からのプログラミング学習は、発展を続けていった未来のIT社会では必須の能力となるかもしれません。そのため、子どもが授業についていけるよう手を差し伸べてあげることが大切です。
早めに学習を始めることで子どもの心にも余裕が生まれます。親子で少しずつ時間をかけて学んでいきましょう。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • GYMBO friends