付けっぱなしは要注意!乳幼児にテレビが与える影響とは

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもは動くものや音が出るものに興味津々!

テレビをつけておくと夢中になって見ているものです。
自宅にいる間は日常的にテレビをつけっぱなしにしているお宅も多いのではないでしょうか?

でもちょっと待って下さい!
実は乳幼児に対してテレビを見せ過ぎるのは、子どもにとって悪い影響を及ぼす事があるのです。

テレビの見過ぎで言語発達と心へ影響が

日本小児科医会は、“テレビやゲームなどメディアとの長時間の接触が子供の心身の発達に悪影響を及ぼしている”として、2歳までのテレビやビデオの視聴を控えるよう提言しているのをご存知ですか?

中でも問題視されているのが、テレビを長時間見ている事で乳幼児の言語発達が遅れる可能性があるという点です。

中でも問題視されているのが、テレビを長時間見ている事で乳幼児の言語発達が遅れる可能性があるという点です。

本来、言語発達というのは人とのコミュニケーションを重ねる事で身についていくもの。
それに対して、テレビを長時間見せている事でどうしても親子のコミュニケーションは減ってしまいますよね。
それにより、子どもの言語や感性の発達が阻害されてしまうのです。

その他にも、乳幼児のテレビ視聴時間が1時間延びるごとに、7歳になった時に注意欠陥障害が起こる可能性は10%高くなるというデータもあります。

映っている内容は関係あるの?

テレビの内容によって乳幼児の成長に影響があるかどうか、気になる所ですよね?

実は2歳までの乳幼児は、何が映っているのか内容までは把握出来ていないとされています。

そのため、長時間のテレビ視聴が乳幼児に及ぼす悪影響は、教育テレビや教材のDVDなどでも同じ事だとされています。

映っている内容が悪いのではなく「テレビを長時間見過ぎる」という行為により、昔ならば乳幼児の時にしていた親子の触れ合いや1人遊びの時間がなくなってしまうのが問題なのです。

2歳以降は脳が発達してどんな内容なのかわかってくるため、番組内容にも少し気を使う必要があるかもしれません。

乱暴なシーンの多いものや、汚い言葉を多用する番組は一時的に子どもの性格形成に影響する事もあると注意喚起している専門家もいます。

テレビ視聴時間を上手に減らしましょう

まず当然ですが、テレビのつけっ放しは極力避けるように心がけてみましょう。

テレビをつけっ放しにしていると、乳幼児の興味を強く引いてしまいます。
一見大人しくて良い事のように思えますが、乳幼児の成長には実体験をさせる事が何よりも大切です。

テレビの代わりに本の読み聞かせを行ったり、子どもの目を見て話しかけたりと、触れ合いの中で生まれる会話やコミュニケーションを大切にしてあげるのがポイントです。

そして子どもにテレビを見せないようにする分、ママも我慢する必要があります。
特に授乳中や食事中はテレビを消す習慣をつけておきましょう。

もちろんテレビが完全に悪いものというわけではありません。
視聴時間や年齢に適した内容に気をつけるようにして、上手に付き合っていくように心がける事が大切です。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube