【子どもの英語教育】を急ぎ過ぎる必要はない!?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

小さいうちから英語をお子さんに学ばせたいと考えている親御さんは、多くいます。

「これからのグローバル化を見据えて」
「親が英語で苦労したらから子どもには苦労させたくない」
「英語を話すことができれば、大きくなったとき就職などで有利になる」

理由はさまざまですが、あまりにも英語教育を急ぎ過ぎるのも考え物です。
子どもの英語教育を急ぎ過ぎると、どのようなデメリットがあるのかお伝えします。

英語教育を急ぎ過ぎると…

何事も早いことにこしたことはないと、0歳児から英語に触れさせようと考える親御さんも多いです。

最近の英語教室ではこういったニーズに応える形で、成長段階に合わせた教室作りを行っているところもあります。

しかし、当の子どもが英語に関心を示さずに教室の中を走り回る、内容が理解できずにぐずる、しまいには英語が嫌いになる、というケースは決して珍しいものではありません。
子ども自身が英語を学ぶことを望む、英語に興味をもつようになるのがベストではないでしょうか。

また、あまりに小さい頃から英語漬けの日々になってしまうと、日本語能力に支障が出てしまう恐れもあります。
「子どもが英語にしか興味を示さない」 といった事態になりかねません。

英語が上達するのは結構なことですが、日本に住んでいる以上日本語をきちんと話せないと友達同士の会話などに支障が出てしまいます。

英語を学ばせるなら6歳まで?

幼児期は脳が発達する期間です。
そのため6歳以降になると脳の成長のスピードが落ちてしまい約10歳で成長がほとんど止まってしまう、という報告もあります。

そのため子どもの英語の聞き取りや発音といった能力を伸ばしたいと考えるなら、6歳までを目安にネイティブスピーカーの英語に触れさせることをオススメします。

子どもの成長を見ながら英語を学ばせるタイミングを掴むのも大切ですが、子どもの脳の成長を考えると年齢から英語を学ばせるタイミングを判断することも、大切になってきます。

子どもの意志を尊重しよう!

親が子どもに英語を押し付けるのではなく、子どもの自主性を尊重することも英語を嫌いにならないために大切なことです。

躾だと思って「~しなさい」とつい言ってしまう親御さんも多いでしょう。
しかし子どもは親に厳しい口調で言われると萎縮してしまいます。

またそれが恐怖に繋がる可能性もあります。
それにより苦手意識をもってしまうかもしれません。

まずは親御さんが「英語が苦手だから…」といって、しり込みするのではなくお子さんと一緒に英語を楽しむ姿勢を見せることが大切です。

幼児期には英語の曲を親御さんや、同じ年代のお友達みんなと一緒に歌うことで自然と英語を楽しむことが出来ます。
このような環境で、英語に親しむことはとても大切です。
最初はあまり難しく考えず、楽しむことから始めてはいかがでしょうか。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube