運動嫌いの子どものために親がしてあげたいことは?

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

お子さんが運動嫌いで困っているという方はいませんか?

「とにかく体を動かして遊ぶのが嫌い」
「友達とも外では遊ばず、家の中でばかり遊んでいる」
そんな様子を見ると、「子どもなのにこれでいいのかしら?」と親としてはちょっと心配になってしまいますよね。

そんな我が子のために、親として何かしてあげられることはないのでしょうか?
運動嫌いの子にそっと手を差し伸べる方法をご紹介します。

得意な動きで運動の楽しさを知ってもらう

まず大事なのは、子どもに「運動することは楽しい!」と体感してもらうことです。

運動にもいろいろな動きがあり、それぞれの動きによって子どもにも得手不得手があります。
自分の子どもはどんな動きが得意で、どんな動きが苦手かをよく観察して理解します。

もし、ジャンプが得意な子なら、少し高いところから手を取ってジャンプさせ、その体の動きの楽しさを実感させます。
こうすると自然と自分からジャンプをして楽しむようになるのです。

親が子どもをよく見てあげ、その子に合った運動を取り入れてあげることがとても大切です。

上手にできたらとにかく褒める

運動が苦手な子というのは「どうせ自分にはできないし」と決め付けている場合が多いものです。
自信のなさが、どんどんその子を運動から遠ざけてしまいます。
こういう考え方の子に対しては、ちょっとでも上手くできたら「褒める」のがとても有効です。

公園などに連れ出し、縄跳びやボールなどで遊ぶよう促して、上手にできたら褒めてあげましょう。
子どもは親に褒められるのが大好きです。
褒められれば、また褒めてもらおうと何度も繰り返し試すもの。

そのうちに「あれ? この運動楽しいかも!」と感じるかもしれません。
褒めてあげることで、運動する楽しさを知ってもらいましょう。

体の感覚を鍛える手助けをする

運動ができるようになるためには、さまざまな感覚を養う必要があります。
子どもの時期なら、少しずつ感覚を鍛えることで自然と身に付いてきます。

運動に必要な感覚には、平衡感覚、高低感覚、回転感覚などがあります。
そして、聴覚や視覚も運動に影響してきます。

これらの感覚を刺激して鍛える方法はいろいろとあります。
一緒にリトミックをしたり、音楽をかけて踊ったり、歌手の真似をしたりして五感を刺激するのも良いでしょう。

外に連れ出したときは、まず親がジャングルジムに登ったり、平行棒を歩いたりする様子を子どもに見せ、子どもにやってみたいと思わせてから挑戦させます。
実際にやらせてみて、その感覚が新鮮でとても楽しいと思ってもらえれば、まず第一段階は成功です。

こうやって今まであまり刺激を受けていなかった感覚を鍛えることで、少しずつ運動能力が向上していくはずです。

運動嫌いの子どもには、必ずその理由があります。
自分の子どもをよく観察し、どうしてあげれば効果があるかを考えてみましょう。
子どもも自分の能力に気がつけば、自分からどんどん運動するようになっていきますよ。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube