子どもの嫌いな食べ物を上手に克服させるテクニック

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子供には、できるだけいろいろな種類の食べ物を食べてほしいものです。
でも、どうしても好き嫌いは出てきてしまうもの。
子供の好き嫌いを無理なく克服するには、どうすればよいのでしょうか。

「一口だけでも頑張ろう!」

苦手な食べ物も少しでも食べてもらいたい!と躍起になる親は多いもの。
しかし「嫌いなものを残したらおしおき!」などと無理に食べさせても、あまり良い結果を生みません。
無理強いを続けても、その食べ物が好きになる可能性はあまり高くないのです。

どうしても食べさせたい場合は、「一口だけでも頑張ろう」を根気よく続けましょう。
「食べられなかったら怒る」ではなく「食べられたら褒める」という姿勢が効果的です。

苦手な食べ物でも食卓には並べる

「どうせ食べないから」といって子どもが苦手な食べ物を食卓に出さないというのも考えもの。
できれば定期的に食卓に並べたほうが苦手を克服しやすいようです。

そしてその食材は、パパやママが子供の前で美味しそうに食べると良いでしょう。
幼稚園や小学校の給食でも、周囲の子が美味しそうに食べている姿に自然と影響されるものです。

嫌いな食べ物を食卓から排除しないよう、少しでも触れさせるような工夫が大切です。

色々な食べ方を試してみる

たとえばニンジンなら、ニンジンジュース、ニンジンケーキなどは食べやすいかもしれません。
細かくしてハンバーグに入れたり、すりおろしたニンジンのサラダにしたり。

子どもの苦手な食材は、いろいろな調理方法を試してみましょう。
味や香りが嫌いなものでも、別の調理法なら食べられるかもしれません。

また、いろいろな調理をすることは、子どもの興味を上手に引き出す効果にも期待できます。

食育体験で好き嫌いを克服!

庭やベランダで野菜を育ててみるのはどうでしょう。
ナスやトマト、ピーマンなどはプランターで気軽に育てることが可能です。

また、最近では収穫体験ができるような施設も増えています。
もし祖父母や親戚が畑を持っているのであれば、協力してもらうのもひとつの手ですね。

野菜がどんな風に育つのかを知り、自分で収穫をするのは子供にとって新鮮な体験。
自分で収穫した野菜はまたひと味違うことでしょう。

焦らず、ゆったりと克服していこう

大人でも、好き嫌いが克服できないという人は多いもの。

前述した通り、無理に食べさせたり、食べられないからと怒ったりするのは控えましょう。
無理強いすることでその食べ物がトラウマになり、やがて食事自体がイヤになってしまうなんてことも。
嫌いな食べ物が多く、栄養のバランスが崩れるということでなければとりあえずは問題ありません。

成長とともに食べ物の好みが変わり、食べられるようになるということも多いものです。
子どもならひとつやふたつの好き嫌いはあって当然、とゆったり構えましょう。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube