やっぱり運動するのが大事?子どもの身長を伸ばす方法

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもの身長が人並みに伸びてほしいというのは、親として自然に感じる願いです。
特にご自身の背があまり高くないという方は、お子さんの身長がちゃんと伸びるのか心配に感じていらっしゃるかもしれませんね。

子どもの身長が伸びるかどうかは、生活習慣によってかなり変わってきます。
また、成長期にしっかりと身体を動かすことがとても大切です。
子どもの身長を伸ばすための方法についてチェックしてみましょう。

たっぷりと睡眠時間をとらせる

昔から「寝る子は育つ」と言われます。
成長期にしっかりと睡眠をとることで、成長ホルモンがたっぷり分泌されます。
特に、成長ホルモンは夜の22時~2時の間に分泌されるといわれるので、この時間帯に眠っていることが大切です。

また、ストレスは成長ホルモンの分泌を阻害してしまうといわれます。
たくさん眠るとストレスを解きほぐしてくれる効果も期待できるので、この意味でもしっかりと睡眠をとらせるのが大切です。

好き嫌いなくいろいろ食べさせる

「背を伸ばすには牛乳を飲めばいい」という説を聞いたことがある人は多いでしょう。
カルシウムが豊富な牛乳は、確かに骨を強くしてくれます。

とは言え、牛乳だけ飲めば背が伸びるということではありません。
背を伸ばすには、カルシウム以外にもたんぱく質などの栄養をしっかりと摂る必要があります。

好き嫌いがあり栄養が偏っていると、身長は伸びにくいもの。
たんぱく質を多く含む魚類や大豆製品、卵などの食品のほか、野菜もたっぷりと摂らせましょう。

身長が伸びる運動とは?

適度な運動は、骨や筋肉に刺激を与えてくれます。
身長を伸ばしたいなら、骨に対して縦方向に刺激を与えるような運動がオススメです。

たとえばジャンプしたり走ったりという運動を続けると、背が伸びやすいと言われています。
また、骨を伸ばしてくれる軟骨の部分に刺激を与えるような運動も、背を伸ばすのには効果的。

ただし、過度に骨や筋肉に負担を与えるようなトレーニングは逆効果です。
オーバーワーク気味になると、骨や軟骨に損傷を与え、逆に身長が伸びにくくなってしまうおそれがあります。
無理のない範囲でしっかりと運動をすることが大切なのです。

生活に運動を取り入れよう

子どもの身長を伸ばすには、バスケットボールやバレーボールのほか、マラソンなどでたくさん走るのも良いでしょう。
なわとびや体操、ダンス、水泳なども効果的なので、子どもの好みに合わせて生活に運動を取り入れましょう。

大切なのは、小さい頃から、少しずつでもいいので継続して運動する習慣を身につけさせること。
スポーツ関係の習い事をすると、毎週決まった時間に運動に取り組むことができるのでオススメです。

子どもにとって苦痛になるような運動は長続きしないので、本人の好きな運動を取り入れたいものです。
子どもが夢中になって思い切り体を動かすことが理想的ですね。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube