幼児学習には「リビング学習」が良いって本当? メリット・デメリット

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

幼児が勉強をする環境作りは、お母さんの悩みのひとつでもありますよね。少し前までは勉強机が当たり前となっていましたが、近年、自室で勉強するよりも家族が集まるリビングの方が学力アップに良いとされているんです。今回は、「リビング学習」について紹介していきます。

幼児学習には「リビング学習」が良いって本当? メリット・デメリット

そもそも「リビング学習」って何?

その名の通り、勉強机を買って部屋で勉強をさせる従来の学習環境ではなく、家族が集まるリビングでリラックスしながら学習するというものです。小学生の二人に一人は、「リビング学習」をしているともいわれています。リラックスできるリビングだからこそ、多少の雑音も気にならない集中力がつくそうです。

こんなにも効果的!「リビング学習」のメリット

1. 誘惑に負けず勉強ができる
勉強が苦手な子どもは、リビング学習が向いているといわれています。自室だと机の上や部屋のものに気が散ってしまい、集中できないことが多いからです。特に幼児の場合おもちゃなど見たものに興味が行きがちなので、監視ができるという点からもリビング学習が効果的です。

2. 緊張感と安心感
リビングということで、常に家族がそばにいます。「勉強しなくちゃ!」という程よい緊張感と、家族がいる安心感をもって学習に取り組むことができます。

3. すぐに対応できる
目の届く範囲で学習させることで、子どもの学習理解度を把握することができます。わからないところをすぐに教えてあげられるので、わからないままという状態を避けることができます。

幼児学習には「リビング学習」が良いって本当? メリット・デメリット

リビング学習の効率を上げるためにお母さんが守ること

1. 怒らない
幼児が問題を解けずに止まっている際、「何でわからないの? この間習ったところでしょ」などと口出しをしてしまうのはNGです。問題を解こうと考えているかもしれませんし、休憩をしているかもしれません。根気強く見守ってあげましょう。

2. 質問されたら答えてあげる
家事をしている際など、手が離せない状況もあると思いますが、質問をしてきたらすぐに手を止めて対応してあげることが大切です。幼児と一緒に考えてあげることで信頼とやる気を与えることにつながります。

3. 幼児の真正面には座らない
真正面から見られていると、「何かいわれるのではないか」という威圧感を覚えさせてしまうこともあるそうです。真正面には座らずに、隣や斜めの席に座るようにしましょう。

ストレスになる場合も? 「リビング学習」のデメリット

1. リビングテーブルは姿勢が悪くなる
リビングテーブルやカウンターは、もちろん学習のために作られたものではないので、椅子が高く、足がぶらぶらした状態になります。学校の椅子のように背もたれが90度になっているものがおすすめです。

2. 視力低下の可能性
リビングに使われている照明は、ダウンライトが多いのです。学習をする際手元が暗くなり視力が悪くなる可能性があります。簡単に持ち運べる“デスクライト”などを用いると解決することができます。

3.食卓に消しゴムのカスが!
学習したあととなると、消しゴムのカスが散らかっています。毎日片付けるとなるとお母さんへの負担にもなるので、「食事をする場所」「勉強をする場所」の区別はしっかりつけたほうがいいといえます。

今回紹介した「リビング学習」は、メリットもデメリットもあります。勉強に適した環境を整えることで、効果があらわれてくるはずです。お母さんも根気強く、お子さんとしっかり向き合ってあげてください。その期待に応えてくれるはずです。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube