親子でできると楽しさ倍増! 子どもと一緒にできる習い事

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

子どもに何か習い事をさせたい! 子どもを持つ親なら誰しも一度は、そう思うのではないでしょうか。新しく何かを始めるのには勇気がいるけれど、子どもと一緒なら親も挑戦しやすいでしょう。親子で一緒に楽しめる習い事を紹介していきます。

英会話教室

英会話教室は、英会話学習が小学生から始まることと相まって教室数も増えてきています。
親のほうも子どもの頑張る姿を見て、1人で始めても続かなかった英語学習に取り組むようになる効果はあるでしょう。また、英会話教室の先生ではできない親ならではのきめ細かいフォローは、子どものやる気を持続させることにも繋がります。
小学生の子ども向けにマンツーマンで指導をする教室や集団対1人のネイティブ講師がついてレッスンをする形式など、教室によってさまざまなので親子で通い続けられそうな教室を選ぶことが大切です。

ピアノ

ピアノはいつの時代も男女の習い事の定番です。
感性や表現力、リズム感を養わせるために習わせる親もいれば、子供の自主的な希望で始める場合もあるでしょう。
ピアノで譜読みに慣れていると、ギターなど他の楽器にもスムーズに移行できるというメリットもあります。
発表会の場で親子による連弾を披露すると、練習を通して目標に向かって努力する姿勢が培われることにもなり、親子の良い思い出になることでしょう。

習字

綺麗な字を書けるだけで一生の財産になりますし、他の習い事と比べて費用がかからないことが1番のメリットです。
子どもにとっても美しい姿勢や集中力が身に付くことは良いとされます。親子で書いた字を見せ合うとコミュニケーションのきっかけになりそうです。
親子で通いたい場合は高等師範を持っている先生がいる教室を選ぶようにしましょう。高等師範の先生なら親子で一緒に習字を習うことが出来るので探してみてはいかがでしょうか?

教室によっては子どもが毛筆、親は硬筆というように分けて習えるところもあります。
現代はスマートフォンやパソコンが普及したことで、手書きで文字を書く機会も減っています。だからこそ美しい手書き文字は目を惹くことでしょう。

ダンス

ダンスも、2012年度より中学生の体育で必修となりました。この流れに乗ってダンス教室もいろいろな場所で開講されています。
ダンスでは呼吸を合わせてステップや動きを合わせることが何より大事になります。動きがピッタリ合うと、それだけで子どもと意思疎通ができたような気持ちになれますよね。親子で発表会に向けて教え合いながら練習することで同じ舞台に立つことで一体感が生まれてより絆が深まりそうです。

ボルダリング

手軽に始められるインドアスポーツとしてボルダリングは注目されています。ボルダリングは筋力よりも柔軟性やバランス感覚を必要とするスポーツです。子どもならではの身軽さや柔軟性を伸ばしていくことができるのでチャレンジしてみるのも良いでしょう。また、判断力や先を見通す力も重要なスポーツですので、思考力も鍛えられます。
最近では子どもと一緒に取り組めるボルダリングジムも数多くあるので親子で一緒に、初心者の状態からスタートできます。親も子どもに見本を見せたり教えたりする場面もあるでしょう。父親にとっては子どもにカッコイイ姿を見せるチャンスといえそうです。ボルダリングに取り組むことでかけがえのない父子の時間を作るのも良いですね。

親子で楽しめる習い事を紹介してきました。
親子で楽しむことで、子どもと親の双方が成長していくことができればより良いコミュニケーションをとっていけます。
親子で楽しく続けられる習い事を見つけてみてくださいね。
0歳児からでも親子で参加できる幼児教室があるので、小さいうちから親子で楽しむ習い事習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール 秋タームにご参加してみませんか?
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube